オトナ版・Web小説読書室

性描写等、年齢制限オンライン恋愛小説の感想ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここから先は人間の領域。

作者:GB[あわいを往く者]
作品:黒の黄昏
ジャンル:R-18/ファンタジー/魔法使い/官能系/叙事詩

感想
 簡単にストーリィをご紹介。

 戦争孤児であるシキとレイは魔術師ロイに弟子として引き取られる。平和に暮らしていた筈の三人のバランスが三者三様の想いのうちに崩れ、そのまま巻き込まれるように国家の混乱にそれぞれの地位を持ってしまう。
 果たしてアスラ帝の正体とは。そして帝国の秘密とは。反乱を起こす者たちの真意とは……?


 ってな書き方をすると超王道ファンタジーって感じですが。いや、実際にそうなの。構成もストーリィも本格的なファンタジー。エロは勿論だけど、ストーリィだけ見ても面白いのよ。
 主人公は孤児で魔法使いの弟子で、育ての親は元帝国屈指の魔術師で、一緒に引き取られた幼なじみはちょっと意地悪だけど唯一の近しい存在。そこに不可思議な噂が付きまとう帝国皇帝の暗殺が囁かれて、なぜか幼なじみが目の前から消えて。否応なく連れて行かれる王都。謎謎、そして謎。
 こういう話を書いてみたい。でも、できない。ボクには書けない種類の話なの。なのでとても羨ましい。

 ということで雁乃の好みとしてはエセル隊長です。だってカックイーじゃん!(うわ、頭の悪い表現)
 ボク個人して、デキる男と見られている男の影の部分が好きなのですよ。淫靡で強引で我がままなところ、屈折した根の深い感情を自分で処理できない情けないところも含めて人間的に面白いなと思うのです。
 こういう男がオチる瞬間って、その感情の流れを追うと面白いだろうなー。


 久しぶりすぎて――なにせ一年ぶり――なんだかワケのわからない感想になってしまいました。作者さんには誠に申し訳ない。まあ雁乃ですので元からバカですのでってことで、野良犬にかまれたとでも思って諦めてください。すみません。
スポンサーサイト

テーマ:大人向けオンライン小説感想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/11/09(日) 11:42:18|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

自分らしさ、って?

作者:朱里[呉ノ朱]
作品:プリーズプリーズプリーズ
ジャンル:R-18/現代/社会人/フェチズム

感想
 簡単にストーリィをご紹介。
 主人公月子がある朝目覚めると、見知らぬ男とラブホテルにいた。昨夜の記憶が怪しく混乱する月子に強い態度で接してくる見知らぬ男は、実は――。
 というお話。


 これ、ヘタにあらすじを聞いて脳が理性的に判断すると勿体無いんで、できれば殆ど予備知識なしで、白紙のまま読んで欲しい。
 本作中のような人たちを『変わった人』で括っちゃうのは認識不足じゃないかなとボクは思うしね。人にはいろんな考えや経験や立場があって、その上で現在があるのだから、他人を否定するのは他人の人生を否定するのに等しいのではないかと。
 まあ、生理的にダメってのは仕方ないんだけどね。

 けれど、そういう人が大多数を占める世の中だからこそ、油井へ向ける月子のぶっきらぼうな言葉に含まれる温かさにほっとする。似たような経験を経た者同士独特の愛情だと思う。
 二人の関係も倒錯したセックスも、それはそれでアリ。そこに居る者の苦悩には簡単に答えは出ないのだろうけど、ボクはそれを土足で踏みにじるようなことだけはしたくないなァ。



 性描写は、多分かなりキツめ。一文字伏せているとは言え、女性器を現すフォーワードが書かれてるからね。まあ、この作品ならその必要があるから作者は敢えて書いたのだろうとは思うのだけれど。
 匂い立つようなフェチズムとエロティックな描写が衝撃的な作品だった。興味本位でも怖いもの見たさでも、ともあれ触れてみることが最初の一歩かな。

テーマ:大人向けオンライン小説感想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/11/28(水) 16:46:27|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

誰でもよかった訳じゃない。

作者:karin[the Library of Ghostcastle]
作品:獣の花嫁
ジャンル:R-18/FT/獣人×女子高生/純愛/ラブロマンス/現在連載中

感想
 簡単にストーリィをご紹介――と行きたいところなんですが、この暑さのせいか単に雁乃の頭が悪いせいか、どうにも適切な言葉が見つからないため、筆者ご自身の紹介文を引用。
 以下に。

 「俺の物になるならば、守ってやる」
魔獣に追われ、絶体絶命の美奈子の前に現われたのは、人の姿をした漆黒の獣――獣人。
“生贄の一族”の血を引く美奈子は、彼と“契約”を交わす。それは、彼の妻となることだった――



 紹介文の通り、獣人や契約といったファンタジーな世界観です。ストーリィも面白いのですが、それより何よりキャラクターが魅力的なのです。血筋ゆえに狙われる少女と、その血に惹かれ奪うように契約を迫った獣人のなんとも不器用な恋愛がいいのです。
 なんだってそーなるんだよ、ちゃんと言ってやればいいじゃん。意地張るとこじゃねーだろ! と読者をやきもきさせながらもなんとなくいい感じになっていく二人の、その心情変化が面白いのです。覗き見してる気分になれます。
 でもそのすれ違いも、『まあ、そういうことなら確かにそう思うかもなー』と同感できるから、イライラしないんですよね。

 個人的には、理性がぶっちり千切れたガイがお気に入りです。
 どうしたって惹かれるものは仕方ないよね。そりゃ美奈子にしてみれば納得できない部分もあるでしょうが、もう腹減ったら食うのみ。男が本能に生きて何が悪いッ!
 ま、それを言うと確実に女性陣に総スカン喰らいますが。オブラードって大切よね(コラ)


 性描写は穏やかです。雁乃から見れば、性的な場面があるよ、という程度です。
 でも、セックス描写そのものより、そこに至ったキャラの心情の輪郭をなぞるとセクシーです。焼けるように求める感覚が官能的で素敵です。
 狂わせたいと思うのは、独占欲や征服欲の一種なのかもしれませんね。

テーマ:大人向けオンライン小説感想 - ジャンル:小説・文学

  1. 2007/08/17(金) 14:16:55|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 ┃ 次のページ≫

プロフィール

雁乃直

Author:雁乃直
エロ小説は読むのも書くのも大好きな素人Webモノカキ。
発言が卑猥なのは基本仕様です。

言うまでもなくリンクフリー。
コメント&トラックバック歓迎。
スパムと判断したものは容赦なく消去します。ややこしい表現は避けてください。
作者さんに無許可で年齢制限オンラインノべルの感想を書き散らしています。苦情等ありましたらコメント欄にお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。